+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ BOOKS@嵐
CATEGORY ≫ BOOKS@嵐
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

酒井順子さん的視点Popcornライブレポ

今週に入ってから雪がほとんど降っていません。
月も雪雲に邪魔されることがなくキレイに光っていました。
昨夜、犬の散歩から戻った時、家の前で流れ星を見ました。
上弦の月の近くには冬の大三角形もクッキリと見えて
三角形を作るオリオン座ペテルギウスの下あたりから、左下のおおいぬ座シリウスへ向かってキラーッ☆と一瞬の出来事。
「願い事した?」って娘に聞かれたけど、3回唱えるどころか1回もムリムリ。

月とシリウスで思い浮かぶのはもちろん他の誰でもない・・・・・・

シリウスの歌詞で~一つだけ空に高く光る~とあるように、この星は地球から見える星(惑星を除く)で一番明るいのだそうです。
冷たく空気の澄んだ冬の夜空は本当に美しいと思いました。

以上、タイトルと全く関係がありません。
スポンサーサイト
BOOKS@嵐 | Comments(0) | Trackbacks(-)

春色嵐

TV LIFE創刊30年
嵐くんたちと同年代だったんですね。

TV LIFE Premium、今月21日に創刊。
そんな記念の第一号の表紙は智くんが飾るそうです。
予告ページを見ると、でっかいワンコと一緒だけど・・・この子はだれ?


今週号は、嵐特大号で両面ピンナップにグラビアにインタビューと盛りだくさん。

贈りもの・贈られもの

MORE12月号 BOOK in BOOK『嵐 ありがとう、のカタチ』 13ぺージ。
表紙から嵐、秋冬ファッションでも律儀に?相葉丈(笑)
やっぱりファッション誌はスタイリッシュですねぇ。


プレゼントにまつわる思いやエピソードなどの特集ですが
ファッションとともに、よかったのは“コンビ萌え”でしょうか。

以下、ネタバレです。

不意打ち!&迷宮スペシャル座談会

もぉ、もぉ、もぉ・・・・・!!!

買うつもりはなかったのに買ってしまった『TVぴあ』
だって、この表紙!! 前髪っ!!!

スパーーンと不意打ちくらいました。

まあこの頃は智くんへのハードル低くて、12cmくらい?^_^;
どんな大野智でも鼻息荒くなっていますが。

だから棒高跳び並のビジュの高さのプラスアクトでかなりやられてしまったのはご存じのとおり。
その後もこの“キケンブツ”は取り扱い注意でして
なんていうんだろう。
心の準備を十分にしてからじゃないと苦しくなるというか・・・
何気なく手にとって気軽に見られない一冊になっております。

やられるときって前髪おろしてる時の確立高いってわかりました。

国立超速報レポ@オリ☆スタ

昨夜は「嵐ちゃん」を見て、久々にここで自担への愛を語れる!

・・・・・・・・

という予定だったのですが

下の娘、発熱、38.5℃ ( ̄▽ ̄;)!!
めったに具合の悪くならない子なので、ちょっと焦りました。

なので、途中から、新コーナーですか?
シェフの料理を食べてるところからしか見ていません。

そして受診したら手足口病でした。
水曜日、手の平に小さな発疹があり、てっきり虫刺されかと・・・
周りで流行ってるって聞いていないし。
自分も、子どももかかったことないので
へぇー、そうなんだ。と。^_^;

手足口病って、小さい子がかかるものなんじゃ?!
ってことは私にもうつるってこと??

ともかく、今日は休ませました。
そして、熱はすっかり下がり、食欲も戻り、元気でヒマになり
現在、智くんがまぶしすぎて封印していた、嵐ちゃん(美木さんの回)を見ています。

サー○ルKのチキンマヨおにぎりが食べたいという希望で
ついでに、オリ☆スタも買ってきましたよ~^^

サタジャニの嵐、そして国立

なんだか風が強くなってきました。
お天気よくて、ものすごい暑い!
9月なのに予想最高気温が36℃って?!
こんな離れたところでも台風の影響なのかな?


今朝の日刊スポーツ。
5人で登場ってけっこう久しぶりだったかな?

紙面は、TVの早読みコーナーでちらっと見てしまい
「あぁぁ、早く買ってきてー。売れ切れる」と
弁当作りながら、葉担の散歩から帰ってきたオットをせかす。

コンビニは目と鼻の先だけど
弁当づくりがあるから。
なかったら自分が飛んでいくよー

学校に櫻井翔はいましたか?

翔ちゃんの本がもうほんとすごい!
今週末公開なので、今が最大のピークなのでしょうか。
並んでる3冊に1冊の割合(大げさ?)で翔・翔・翔・・・キラキラ
そりゃもう、絶景かな~の眺めでした。

先日のオトノハで、ご本人も
「本屋に入ったらあまりに自分だらけで、すぐ出てしまった」というほどですものね。

何か、どれか一冊、欲しいなと思っても
迷ってるうちに、マッハのスピードで「本日発売」で新しいものが並ぶ。
まるっきり置いてかれています。

そんな感じで、立ち読みした中で初めて手にした雑誌がありました。
「へぇーっ、こんな本も出てるのね?」
普段はスルーの、分厚い美容系雑誌の表紙には燦然と輝く櫻井翔。

「美st」なんと読む? 「びすと」?「みすと」?
STORYのビューティ版とかで、存在知りませんでした。

デヴィ夫人のページとか、私には無縁・・・

美容ジャーナリストの齋藤薫さんの連載ページ
そこに翔ちゃん登場です。

そのグラビア、さすがビューティ雑誌だけに美しい。
メイキング画像も小さく何枚か載っているのですが
ポーズをとる翔くん、なんだか色っぽかった。

テキスト内容ですが、数日たっているのでかなりうろ覚え。
こんなことが書いてあったなぁ。程度ですが...

彼らのホームグラウンド

嵐さん表紙の「Hanako №1001」
買ってから写真だけパラパラ~っと見ただけでしたが
やっとテキストをじっくり読みました。

「Hanako」

私も東京に住んでる頃にはお世話になりました。
駅の売店で買って、電車で読むことが多かった。
1000号超えってすごいですよね。

「嵐と一緒に、新しい東京へ。」


*昨夜のしやがれエントリー後、勢いで書いてしまいました。(どんだけヒマ人?)
 連投は暑苦しい?と思いますので^_^;
 予約投稿しました。

赤い紐@with

明日の準備しなくちゃいけないのに...
うちわをリニュしようと思って、切り文字をはがして何日経過?
本体の黒い部分も破れて、一刻も早く修理しなくちゃいけないのに...

あぁ、それなのに
もう、もう「with」を手にした途端、ダメですね。
スタイリッシュでかっこよくて、かわいくて

「ジムノアラシ」とニノの担いだ招き猫

今さら?な話ですが
発売中のnon・no「アラシブンノニ」vol.47「ジムノアラシ」
(もう次の号が発売になっちゃいますよね^_^;)
智くんではないけれど、実はCOACHの扇子目当てで買いました。
本誌は翔くん好きな長女へ。


今回は翔×潤のコンピで。
まあ、その内容もハードで。
「えっ!そんな時間あるの?!」ってくらい
やっぱりステージであれだけ動けるのは
裏でこういう努力を怠っていないからなんですね。



2人の会話で
自分たちしかトレーニングの話をしない。他の3人からは聞かない。

という流れで

 「でも実はリーダーはいい脚してて」

 「体の左右のバランスもいいよね」

 「それに自分がどれだけ動けるかも本能的に知ってる。
   体力が100あれば、出し惜しみもせず、無理もせず、きっちり100使う感じ」


と、リーダー、べた褒めされています。
潤くんすごく的確な表現してるわぁ。うん、そんな感じだね。
そして

 「相葉ちゃんは80しかなくても150出しちゃう」

 「あはは!わかりやすい」

 「全身のバネがあるからできることなのかもね」

わかる感じ。全力以上でぶつかっていくみたいな。
でも、ちゃんとフォローしてる潤くん。

そして、ニノは?

 (声をそろえて)「してないでしょ~」

あはは。。
そうか、やっぱり!

でも、もちろんフォローも忘れず

 「それであれだけ動けるのがすごい」

 「年々驚かされる!」


なにもしてないのに、ってすごいよね、ほんとに。
よくバテないよなあって感心してしまいます。
元々心肺機能が優れているんだろうね?

私も地道なトレーニングは苦手。

昨年何年、いや十何年ぶりかで青森ねぶたに跳人として参加したのですが
まあ、ブランクがあったわりにはけっこう頑張れたかなって思ったけど
去年は自己流トレーニングしていたから、それもあったのかも?

にのの例のらっせら~♪映像見て
今年も跳ねようかな?って思い始めてるんだけど...
あれ、すっきりするんだよね。
大声出して、飛び跳ねて、
でもそろそろ、体力的にもキツイし筋肉痛になるくらいならいいけど
心臓にきて倒れたり、アキレス腱、今さら切ってもなぁ( ̄ー ̄;


★にのの担いでいた招き猫のねぶた。
その時の様子を担当者の方がUPされています。

「ねぶたの里公式」ブログ

管理人の方にお聞きしたところ
あの招き猫は、このために製作したものではなく
元々あった担ぎねぶただそうです。
そこに目をつけてオファーをくださったのではないか?と
そして、すでにファンの方たちが見学にいらしているとのこと。

あのフィルムは、外国人の方向けだけでなくて
日本人の心も動かしましたよね。
どこも行ってみたい!って思える風景でしたもん。

みなさん、ぜひ、青森へ!

そして「ねぶたの里」へ!!

(決して、回し者ではありまんせよ)


四角ライン

応援クリック、拍手、いつもありがとうございます。
拍手コメいただいているのですが、お返事を書けないシステムになっているので
こちらでお礼を言わせてください。どうもありがとうございます。

*気に入っていただけましたらポチっとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。