+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年12月
ARCHIVE ≫ 2011年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2回めは2Dで「怪物くん」

12月ですね。
ZIPで昨夜のべスアの裏側やってましたけど
後ろでロングブレスする3人!
いったいどなたの知恵なんでしょ?(*≧m≦*)


怪物くん、2回め観てきました。
今度は2Dで。
近くのシネコン、3Dと2Dを交互に上映しているので
ちょうど行ける時間が2Dだったというのもありますが。

智くんおすすめの「2Dを観てから3D」の逆をいっちゃった。ごめんね。
3Dは一番大きな部屋だったけど、2Dは奥の小さめの部屋。
ギリギリに入ったけど、お客は2人。
私も入れて3人で始まって、少ししたら親子連れが3人入場してきて、計6人での上映。
さすがに初日初回の3Dとは違いました。

落ち着いたら、1人で占領ってのもありえるかも?贅沢!
ふと思いました。映画って誰もいなくても時間が来たらフィルム回すのかな?
そうだったら寂しすぎます。

今回は少しネタバレありますので、まだご覧になってない方はご注意を。
スポンサーサイト

空を見上げて

月刊TVガイドの「satoshi ohno photo book」
映画宣伝雑誌祭りのラスト、すっかりやられています!!
たぶん智くんの誕生日前ぐらいの発売だと思うのですが
このTV誌、なぜか東北版(青森だけ?)の扱いがなく、手にいれるには
ネットか書店からの注文になるのですが、今号は見つけられず・・・

そんな私へとわざわざ送ってくださった嵐友さん。
温かい気持ちがこもったガイドが昨日届きました。

表紙の前髪怪物くんは、週刊版といっしょだー。
手のひらに嵐さんを乗っけてる。

フォトブックに辿り着く前に
いきなり巻頭からインタビュー記事。
それにこの写真っ!!

「もう誘拐なんてしない」原作本

東川篤哉・作「もう誘拐なんてしない」を読んでみました。
小説は長編が好きな私、その点から言うと
「謎解き・・・」の原作は傑作!とは思えなかったのが正直なところ。
(ごめんなさい、本屋大賞だったかとった作品なのに)
なので、東川さんの本はそれっきりだったのですが
今回は、智くん主演の原作で、しかも長編なので読んでみることに。

文庫の帯にはすでに「テレビドラマ化決定!主演 大野智」の文字が。
そのうち写真付の帯になるのでしょうね。

ご存じのとおり、私の住んでる地域ではフジ系がないので放送はありません。
実家はCATVを引いているので、北海道の電波から見られるのですが
いまどき、録画機がないという・・・アナログ家庭^_^;
「最後の約束」の時はちょうどそこを狙って帰省しリアタイで見てきました。
今年は日程的にちょっとむずかしいかな。
パターンからいうと、3月くらいのヘンな時間に放送はしてくれるはずですが。

まあ、そんなこんなで当然
主人公・翔太郎を智くんに変換しながら読み進めましたよ。

以下、原作のネタバレありです。

よかったね!

『映画 怪物くん』(東宝)が、2週連続で1位を獲得。興行収入は早くも10億円を突破した。


よかったね!
平日あんなんだったから心配していたけど(田舎の映画館だからかもしれないけど)
やっぱり土日勝負。

映画化決定したとき、海外ロケで、3Dで、製作費コレコレで・・・
そこをいろいろつついて言ってた(書いてた)人がいて
それを見てなんとも悲しくいやな気持ちになったけど
結果、智くんが全て吹き飛ばしてくれました。


ところで今回の映画宣伝にかかわる媒体露出
本や雑誌は100以上、TV関連も100超え
とどこかで読みました。
雑誌はそうだろうなあと思います。
そのうち私はいったい何十冊買ったんでしょう。^_^;
TVはローカル番組も入ってこの数字なのかも?

・・・・・・・・・・・

これだけ?
はい、これだけです。(^^)/~~~


ドットライン・


応援クリック、拍手、いつもありがとうございます。
拍手コメントにつきましては、こちらのコメント欄にてお返事書きます。
*気に入っていただけましたらポチっとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

美人。

TV誌いろいろ。
最初、TOKIO兄さんと嵐が表紙のジョンとガイドだけ買ったものの・・・
立ち読みチェックした、ぴあの智くんが忘れられずに^_^;
結局、別な店から連れ帰ってしまいました。

TOKIOさんとのコラボは、毎度のことながらほのぼのしてていいですね。
5対5の組み合わせは、番宣の時のコンビだったかな?
智くんは両方とも、松兄と。

パワースポット

以下、覚書です。

12月8日付、地元紙夕刊より

   -----------------------------------------------------------------

 「お姉ちゃんが『嵐』の本を持っていて、それを見て県立美術館に一度来たいと思ったんです」
  8月。修学旅行で印象派展に訪れた岩手県の男子中学生は興奮気味に言った。
 若者に人気のアイドルグループ『嵐』が各地を旅して日本の良さを再発見する
 本で、奈良美智ファンであるメンバーの一人が県立美術館に立ち寄った様子が 
 描かれていた。

   -----------------------------------------------------------------

青森県立美術館開館5周年ということで、特集・連載があるのですが
こんな一文で始まりました。
新聞では、このような様々な面からの注目度の高さをどう生かして今後の集客を考えればよいか?
という課題を掲げるエピローグとして載せています。

ここで出てくる中学生のように、あの本を見たことがきっかけで訪れた人は多いと思います。
私もまた行きたくなったなあ。
あおもり犬に会って、あの場所にまた立ちたい。
智くんがいたあのポイントは、私にとってのパワースポット。


さて、昨夜の「ひみあら」

しびれる一言

「STORY BOX vol.28」
もう、これで最後かな?映画関連本。
・・・と言いつつぽつりぽつりとあるけれど。

文庫本の表紙の智くんってちょっと珍しいかも。
中の写真がモノクロなのがちょっと残念ですが、今までたくさんあったものね。
テキストの字が大きめで読みやすいです。(^^;)ゞ

大野智 熱情告白60分

中村監督と伊坂幸太郎さんの対談、の2本立て特集です。

智くんのページは、これまでの内容とほぼ同じ
そりゃそうだ。100以上も出てるんだもの。
そんなそんな話すこともないでしょう。

怪物くん社会科見学

every.で放送されたものの拡大版。
でも、見てないとろこがいっぱいで見どころ満載でした。
だから逆でこちらの番組の見どころをevery.でっちょこっと流したって感じかな。


竜ちゃんと藤子A先生の故郷・氷見市を訪ね、ギャラリーで原画を見て
「かわいいなぁ」って言ってる智くんもかわいい。
アニメ久々に見たけど、私の中ではもうすっかり怪物くん=実写、になってて
「うわぁ!怪物くんとお供にそっくり!!」なんて・・・逆なんですがね。^_^;
原作でも足が伸びていたけど、全く記憶にありませんでした。

氷見のメインストリート?かわいいですね。
歩いてみたい。

それにしても、先生が小学生のときに描いた絵というのが上手すぎてビックリ!
智くんも驚いていました。

ONE NIGHT CARNIVAL

「オトノハ」いいですねぇ。
撮影現場で翔ちゃんのファー付手袋をちゃっかりはめてる智くん。
山組的には「翔ちゃん素敵なお知らせThanks♪」でした。


前回の「荒野の十人しやがれ」はバッサリ消去したのに
予告だけは残しておくというナゾの行動とりました。
だって、長ラン翔ちゃんの「嵐にしやがれ観ないか」の声も、言い方もすっごく好きで
ここだけリピして1週間待ちました。
予告ではやってても、本番ではカットってこと過去にあったから

あーだけど、あのネーム刺繍入り学ランは今後どうなるのやら?
「不良高校生役はさすがにムリがあるだろう。^_^;
ライブで・・なんて勧められていたけど

アオゾラペダル&イチオクノホシの結果は・・・

今日は、娘たちとそのお友だちをシネコンへ送ってきました。
藤原竜也くんの映画観るんだって・・・
なぁ~んだ・・怪物くんじゃないのね?!

「今度は観てね!」と宣伝支部の下っ端会員、しっかりプロモーションしときました。
時間があえば3度目観てこようと思ったけど、完全にズレてました。

「怪物くん」3週目に突入。
帰ってきた娘たちに聞くのはもちろん「怪物くんのお客さんの入り、どうだった?」
長女「え?カイジのことじゃなくてそっち??」あきれつつも
「ドアが閉まってて、そんなの見えなかった」そうです。
そりゃそーだ ^_^;


ライン・はさみ


以前ここで書いた、嵐の曲名を冠した競走馬2頭がそろって出走しました。
すみません。今日は競馬がらみのアラシゴトになるかもです。
興味のない方にとっては、「なんのこっちゃ?」全然つまらないはずです。
ごめんなさい。


最強の愛いヤツ!

「しやがれ」やっぱり楽しすぎる。
全体的に飽きさせない内容で、特に「一夜限りのONE NIGHT CARNIVAL」~エンディングは最高で
編集しながら何度もリピしちゃいました。
あの方たちは本当に○ンキーなのか?いや、元ヤン?
日常的にケンカしたりしながらも、どこかで楽器の練習してたのか?
とか全く知らないので?でいっぱい。
私的には今回は大ヒットです!

と、珍しいくらい「しやがれ」褒めてます。
決して褒めごろしじゃないよ。^_^;
本気で拍手送ってます。


さて、うちの智くんは・・・何度観ても翔ちゃんに「大野さんはどうですか?」と振られての
「カサゴステーキ丼」のところだけだけど
楽しそうに笑っていたので、今回はお休みしててもOKです。ええ。

本題の「帰れま10!」
1人で出すとネジ締まるからね~
でも今回は、大丈夫かな? 何を食べてもウマイって言うとはいえ
心配なのはたぶん小さいであろう彼の胃袋。

そういえば、この番組の予告というものを一度も見てない私。
テレ朝をいかに見てないか、ですね。^_^;
うん、ほんとに・・・Mステくらいしか今は観ないかも。

公開3週の怪物くん

12月13日付・映画興行成績ランキング
2011年12月10日~11日(全国集計)

2位の『映画 怪物くん』(東宝)は、早くも動員100万人、興収15億円を突破した。


公開から2週連続首位も、とうとう仮面ライダーに負けてしまいました。(>_<)

数字を言われても、すごいんだろうけどピンとこないので
以下・・・他作品と比べてみると

「怪物くん完全新作SP」特典映像

「怪物くん完全新作SP」DVD

とりあえず特典映像の「大野智撮り下ろしインタビュー&メイキング」と
スライドショーだけ見ました。

インタビューの合間に、メイキングがちょこちょこはさみこまれていて
いつものようにぽそぽそっと、でも時々楽ししそうに笑ったり
声が大きくなったりしながらインタビューに答える智くん。

ぼっちゃんと、智くんを交互に楽しめました。

「智のためみたいなとこあるから」

いまだによく把握できていないTV誌の発売状況。
えーー、週刊は何があって、いつ発売? 毎週のと隔週のもあったような・・・?
月刊はどうだったっけ?こっちで置いてないのは何だったっけ??

と、そんな具合で、そこに年末年始が入るとますますわからなくなります。^_^;
昨日、4誌くらいいっぺんに並んでたの見たけど
ほぉーーっ、オール嵐さんでした!すごいな。
しかもすべて厚めでした。

時間があまりなかったので、パラパラっと見て
LIFEとジョンだけ。TV誌は買っただけで放置ってよくあって
だいたい嵐ページの写真を眺めてるだけでテキストも斜め読み(字が小さくて多いので・・^_^;)
今回はテキストもちゃんと読んでみよう。と・・・
昨夜は遅く始まったミタさんを見ながら~ 結局あまり集中して読めなかったけど

2012年の嵐からの約束

ベイ・シティ・ローラーズ?
ビートルズ?

non・no表紙を見た第一印象です。(笑)

格好がね、髪型がね、ブリティッシュスタイルっぽいなって思って。
ちょっと意外なスタインリングで来ましたね。
でも5人とも、きれいに着こなして決まってるのは、さすがです!

買うことに全く抵抗がなくなったnon・no。
レジの人には「娘から頼まれたんだろうな」って思われてるはずと
思い込むとどんなジャンルでも平気なものですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。