+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2012年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
      

≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

大野智の凄さ

4月、新年度。エイプリルフール?
ですが、全然そんな感じがしません。
毎日雪が降るし、寒いし・・・
庭で一番最初に花を咲かせるスノードロップも雪が重そうです。
そして、なんだか時間がない、あっという間。
未読の雑誌も積み重なってるし、この前のひみあらも先々週のしやがれからちゃんと見ていません。
かき揚げと、猛毒(これはゲストが・・モゴモゴ^_^;)はおもしろかったでしょうか?
やはりちゃんと見るべきなんでしょうが・・・

他にもやりたいアラシゴトいっぱいあるのに
そんな時に限ってこうだ。
でも、今は書く!(笑)


アジポップの智くん。
プロデューサーの小原氏から見た智くんのこと。
「大野智の凄さを中心に語る」

ドラマや映画で、共演者や監督、プロデューサーやスタッフ
関わっている周りの人が語る人物像は毎回興味深いです。



5人。

「5年目の嵐ちゃん」
またしても地方の厚い壁に阻まれていましたが
ラッキーなことにおすそわけにあずかり見ることができました。
いつもいつも感謝です!

昨夜は、これまた感謝感謝で謎ディSPを見て、
「5年目の嵐ちゃん」は早朝、家族がまだ起きてこないうちに見ました。
最近夜明けが早いので目覚めも早いです。
朝一番に嵐♪ この作戦いいかも。


そして「H」
グラビアがモノクロというところもたいへん気に入ってます。
テキストがみっちり詰まっていたので
走り読みではなくじっくり読みたいということもあって間があきましたが
やっと目を通しました。

鍵遊びする智くん

翔ちゃん、早朝からの番宣おつかれさまです。
朝ズバ!は途中から、はなまるカフェは全部見たよ!
時間たっぷりつかってくれて楽しかった。
ほんとに痩せたなあって思うけど、元気なのでなによりです。
メンバーの写真は今回なかったものの
相葉くんからもらった誕生日プレゼントの写真が日の目を見て、大受け!!(*≧m≦*)ププッ



最新号のニコラ、見開きで左に大Ⓒ、右に翔Ⓚ
(ニコラに書いてる呼び方すれば)最初なんの記号なのかわからなくて
娘に聞いたけど、若い子には常識なのかしら?

翔ちゃんは、ブラックボードの撮影現場レポ。
智くんは、ニコラ用に撮影したもの。
ページ数は少ないけれど、小さな字がぎっしりで写真のレイアウトも細かくて
読むのちょっとつらいけど^_^; 嵐くんの記事は毎回けっこうおもしろいです。

ソファの上の智

ブラックボード、リアタイで見たかったけど
子どもの迎えと重なったので途中から見るのも・・と思い、まだです。
そのうち最初から見ます。

今週のROOM3104

え?いつの間に第4回!
たしか第1回は買ったけど、2回めは立ち読みで済ませ
今週が3回めだと思っていましたが、
あらら・・一回抜かしてしまったようです。
もしかしたら、第2回の方かも?^_^;

鍵部屋セットのこだわり

キリがないと言いつつも、できるかぎりチェックしてるつもりの雑誌。
ananでも連載スタートしましたが、ちらっと見て保留です。
毎週あるんでしたっけ?それならちょっと大変。^_^;
連載よりも、ババンとまとめたグラビアがよかったな。
ananの写真いつも素敵だから。

あと、これは買わないだろうなあと思っていた
TVnaviSMILE 
naviと衣装同じだし・・・と立ち読みで済ませようとしたら

一瞬でカゴの中へ(スーパーの雑誌コーナーです)

「息抜きが一番重要」たしかにね!

---切り口が違ってたら“買い”---

これ、自分なりの今期祭りにおける雑誌購入基準なんですが
(買いすぎ防止策)
ここのところ毎日新しくて魅力的な彼が家に侵入してきます。

こまったね・・・

今そんなにどっぷり浸かりたい心境ではないのに。
こっちは自己防衛策?

と1人勝手にうだうだしています。

まあ、それはそれとして、

つい去年、登場したばっかりのBAILAに再登場。
分厚くて重た~い、付録つきのこの雑誌。
智くん以外のページは私なんぞには全く無縁な世界です。^_^;

マネキンファイブ結果発表

いやぁ~、全敗でしたわ。
予想がひとっつも当たってないなんて初めて!

松本ハンデが紫縛りだったなんて・・・

私、大予想とか言っちゃってイラスト描いたわけですが、
紫使ったのって、4番のスニーカーだけなんですよ。
うちのPC画面おかしいのかしら?
それぞれが主張する紫ってどこにも見当たらない。

そして、あのイラスト描いたことによって
もう自分の頭の中は完全に“○番は誰”がこびりついてしまって
1人ずつ披露されていくたびに起きる違和感(爆)
しかも誰一人予想とは一致してないからね~
全部はずすなんてそりゃあもう素晴らしいものです。(←負け惜しみ)

結果は、馬柱風(出馬表)に記録してみました。

フィッシング~ウォッチング

「どうも~~~

・・・なんてメール来てたけど、見られないよ。
ごめんね。
視聴率もよかったようでなによりです。おめでとう。

番宣や雑誌、すべて見たい、知っておかないと気が済まないって感じでもないけど
「いいとも」だけは、こちらでもなぜか当日の夕方から放送される。
日も沈みかけた頃に「おひ~るやすみは♪」ってね。

だからそれだけは見てみた。

あーー、もぉ、なんだかいいオトコすぎてクヤシイ?!^_^;
反射的にチャンネル替えようかと思っちゃったぐらい。

1人だけ反逆して?「新撰組!」って先輩に気を使ったところもすごいけど
美しい字でちゃんと漢字で書いたこともすごいです!
「撰」ってよく間違えそうじゃない?


あ、でも今日書きたかったのは、別なことで
先週の「しやがれ」をやっと見てのこと。

別人3104号@鍵部屋#1

鍵のかかった部屋・第一話

プロデューサーが語っていたとおり
「完璧に役になっちゃってるので、想像を超越した榎本がそこにいた」


顔も声も智くんのものだけど、でもちがう。
別な人のようでした。

苦労したという難解な長ゼリフもあれだけ自分のものにして
見えない所で努力してる姿を想って
心から尊敬します。

山組ひみあら&パパドル

いきなり始まったラストミッション。

この日のお客さん、超が何個もつく位ラッキーだなぁ、うらやましいぞ。
誰が何しても、罰ゲームやっても「キャーーっ!!」でしょう。
いや・・イワオとかもそれなりに笑えるんだけど、ね・・
やっぱりどうせ拝めるなら、眼福眼福。

で、翔ちゃんってこのコーナー、レギュラーだものね。

「アナタもだよ。初めてでしょ。ようこそだよ。待ってたよ」
「俺もやるの?」
「やるよ。なにしにきたんだよ」
なに?このつかみは!
いい具合に翔ちゃん、ぐいぐい。

巻き込まれてるけど、しっかり還元。

切り口違うかどうかわからなかったけど、注文していた「ピ」誌。
これはよかったなあ。
笑顔ではなくて、見方によっては怒っているかのような
真剣な視線の先にはなにがあるの?
---そんな表紙からしてすでにふにゃ~ってなりそうな。


「どんどん巻き込まれたい」ってタイトルがついているから
てっきり智くんに巻き込まれたいって意味かと思って読んでいたら・・

夫婦漫才

漫才三銃士(自称?^_^;)
観覧のおばちゃんたちに混ざりたかった。
実際馴染むと思うし!

なんといっても3組6人同時ゲストなので
1組ずつが短すぎるし、嵐ちゃんの出番が少ない気がした。
事務所保管だというきみまろ衣装も客席ばかりにいるんじゃ意味がない・・
1組では時間持たない?ネームバリューない?っていうのなら
せめて2組ぐらいでもよかったのでは?

言い間違い漫才、嵐で見たかったけど
これも即興ではむずかしいかな。
ノリボケノックはアドリブで、みんなあんなによく出てくるなあ。



正統派漫才実践でボケに翔ちゃん、ツッコミに智くんご指名。
あはっ、ありがとうございます!
すでに何回リピッったことか。

御礼など

なんだか予感がして、PC開けたら「Your Eyes」予約開始してましたね。
6月6日かぁ。続くなあ。
アルバムは今年はどうなんだろう?

たぶんGW前の今週中には・・って思ってたところ。
もうなんだか、ネット争奪は疲れるし
今はテンションダウンで本音はちょっと面倒くさいな・・(ごめんなさい!!)

とりあえずこれ書いてから見てみます。
終了してたら、地元のショップで。
ちょっと気力体力失いかけてる・・・

以下、ほぼワタクシゴトです。


ポーカーフェイス@鍵部屋#2

「鍵のかかった部屋」第2話

今回もおもしろかった!
ざっくりしすぎの感想ですが・・
その一言で言い切れるってやはりクオリティが高い証拠なんだろうな。
一回見たときも、もう一回見たときも画面にくぎ付けでした。

それにしても完璧なポーカーフェイス。
“無表情の表情”からその裏側を読もうとしてもできない。


3度目の登場、MISS

たぶん、今期祭りで一番期待して、楽しみにしていたMISS。

テキスト本文とは別に、はみだしコラムというか撮影裏話が
ちょこちょこあって、それがまたツボ。
最後の方で必ずメンバー1人ずつについてひと言、二言。
魚に例えたりとか。
今回はポーズで表現してました。

2年ぶりの登場ということは、前回は怪物くんの時だったんだ。
もうそんなに経つのかぁ・・・

大方のサトシックさんにとっては特に気にされないかもしれませんが
個人的に勝手に少しだけ残念に思うこと。