+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2012年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

赤天使VS青天使

昨日のヒルナンデス。
「どこ?どこ?」と録画を探したら最後の方、フェルナンデスくんコーナーでした。
フェルナンデス2号に「どこかで会ったことあるなぁ」って言ったあたり
さすが怪物くんとは別人物だけあります。(笑)
2号を見るちょい下向きの顔が、視線がかわいかった。
この頃いちだんとかわいさ増したような。

見てみたい自分の未来が50歳というのはずっと言ったような?
だけど想像できないよ。
どんどん若返ってる感じするもん。
おすすめだというピンクも似合ってたし。

で、本日からネット販売ですが・・・
すっかり忘れてました。
すぐ欠品になってしまったようですが、8月末まで追加→再販をしていくそうです。

日テレ屋24時間TVチャリティーグッズ

ライン・はさみ


マネキンマストアイテム対抗戦SP
櫻井チーム VS 大野チーム


ドラフトでけっこう時間とりましたねぇ。
マネキンだけで一時間ですからね・・・
対抗戦といえば∞さんが来た時は、嵐全員出場だったし
さすがにメンツがえらい豪華だったなあ。
モデル界から、芸人枠から、特別枠?(カモフラおじさん・笑)各方面から
8体集めてくるだけでたいへんそう。
スポンサーサイト
Dear 山コンビ | Comments(0) | Trackbacks(-)

脚本家が語る大野さん

『ASIAN POPS MAGAZINE』98号
前号に引き続き「鍵部屋」インタビューです。

今回は、
相沢友子さん(脚本)
松山博昭さん(監督)

大野くんは前号同様、榎本仕様で写真のみです。

榎本径しかいません。


うーーん、この雑誌は文字が小さくて泣きが入ります。( ̄ー ̄;


以下、内容抜粋と感想です。

鍵部屋・松山監督が語る大野さん

Mステや高尾山のことも書きたいところですが
こちらを書きかけていたので。
『ASIAN POPS MAGAZINE』98号
前エントリーに続き、今回は監督が語る榎本さん&大野さん。

監督は松山博昭さん

以下、抜粋と感想です。

高尾山

今夜は鍵部屋第8話ですね。
今日はファンイベントもあったようで
そこで智くん「11話、12話・・どうのこうの」って言ってたみたいで
えっ?!12話まであるんですか?!
てっきり11話だと思っていました。
いやぁ、少しでも長く、たくさん径さんを見ていたいのでとってもうれしい!
得した気分♪
すみません、書くことがすっかりズレていますが、先週の高尾山。

 ◎すみません。追記というより訂正です。やはり11話が最終話だそうです。見間違い?
 その時は12と言う数字を確かに見て喜んだのですが・・・いよいよ目にもきたか? 
 いやいや、冷静に考えれば12回だと7月にかかってしまいます。 
 申し訳ありませんでした。m(_ _"m)

あくまでも個人的に申し訳ないけど「イラナイ^_^;」って思っていた『未知との遭遇・・』
SP版でも「うーーん・・・」なことが多かったのですが
今回ばかりはウェルカム。

しやがれ初5人揃ってのロケ。
そういえばそうなんだっけ?


『Your Eyes』 @Mステ

「Your Eyes」発売日です。
映画怪物くんBD&DVD発売日でもあります。
まだ、届いてません。ええ、両方とも。
CDなんて一昨日発送メールが来てたのに・・・離島並にかかってます。
来週発売のan・an予告の智くんは、親切なサトシックさんに昨日見せていただきました。
あの予告ページだけでもう・・・中はいったいどうなってるのか?!
コワイです。
で、予告載ってる本日発売号も買えばいいのか?考え中です。(立ち読みしてから)

今日は私的には鍵部屋配信のお楽しみ日でもあるのですが
なんでこう水曜日に集中するんでしょう?


さて、だいぶたちましたが先週のMステ。
遅すぎですがここにきてやっと編集しながらリピしました。

「知りません」×6@鍵部屋#8

結局買ってしまいました。昨日のan・an

予告に1ページも使ってるとは知りませんでした。
そしてその予告ページだけのために雑誌を買うというのも初めて。
でもよく見たら連載もあったんでしたね。
鍵部屋のan・an連載始まってからも一度も買ったことなかったのに・・・
早売りからの情報は役立つけれど、写真だけは避けてました。
(だからこちらの気持ちはおかまいなしに流れてくるツイをやめた)
でも今回は自分から進んで見学にいったという矛盾はどう説明する?

おまけにパラパラッと読んで、勢いで骨盤枕付録の本をポチッ。
予告ページに負け、加えて別な本まで買って
商売上手な○ガジンハウスさんにすっかり釣られた形になりました。( ̄∇ ̄;)ゞ




鍵部屋第8話。
脚本がまた違う方でしたね。

多才

<<映画怪物くんBD>>
特典ディスクのメイキングとインタビュー集の智くん部分しかまだ見ていません。
イベント映像集他いろいろ入っていますが、TVでやってたものと全く同じ?
未公開映像とかあるのかな?
まあこれはまたゆっくり。本編はそのうちに。
パスケースは次女に速攻で持ってかれちゃいました。

メイキングからは本当に楽しそうな現場の様子が伝わってきました。
顔を合わせると笑ってしまう仲の良い共演者。
監督以下スタッフの結束力。

懐かしいなあ。公開してからまだ半年ぐらいしか経ってないんですね。
今や坊ちゃんは防犯オタクだし
ドラキュラは某ジャニGの敏腕?マネージャーだし(笑)
月日の流れを感じます。
Love 智 | Comments(0) | Trackbacks(-)

好きさ おまえが、好きさ 死ぬほど

ヒガシアニキ、つい最近観たばかりなのに?って一瞬思ったけど
前回は2011年1月。もう一年半以上経ってます。
つい最近な感じがしたのは、前回登場時山ダンスがあって
高リピ率で見てるからでした。

その間にお子さんも生まれ、今生後6ヶ月。
ほんとにかわいいんでしょうねぇ。
育児のことは今時のパパはそれなりの育メンだろうから
「ふんふん、そうなのね・・」でしたが
あの、あのヒガシがTVで自分の娘の話をしている・・・
将来の(だいぶ先よ~)心配までしちゃってるパパぶり。
そこがやけに感慨深かったです。

それにしても相変わらず若いし、スタイル良い、脚長くて驚きました。

無自覚の魅力

an・an 本日発売。

先週号の予告の写真はどこにもなかった。
予告ページのために買うなんて・・・って自分に呆れたけど
これは買っておいてよかったかな。

an・anに登場。
しかもこの手の特集号ということで、発表段階で、予告ページでと
段階的に必要以上にドキドキさせられました。
実際手にとるまで落ち着かなかったのは事実です。^_^;

Love 智 | Comments(4) | Trackbacks(-)

榎本、動ぜず@鍵部屋#9

鍵部屋第9話感想
・・の前に来週の予告が気になります。
とうとう「容疑者榎本」だなんて。

いったい過去に何があったの?!
表情を変えることなくちょっとそこまで出かけるかのように、警察についていってたけど
エレベーターの扉が閉じる瞬間、ドラマとはいえ悲しくなりました。
どんどん終わりに近づいてきてることも重なってさびしいです。
残り2話。


#9『はかられた男』
隠しタイトル?は『榎本、逆プロポーズされる』
え? でもこちらの方ににおおいに興味をそそられました。
今までもそんなんだった?と確認してみたところ
6話まではごく普通に事件色を前面に出してるのに
7話で「今回は密室が破られません」になり
8話で「芹沢、めざましテレビで大失言!?」になってました。

ははは( ̄▽ ̄;
密室からどんどんかけ離れていってるじゃないか~

仮面のジェラシー?@嵐山少年隊・番外編

そういうつもりは全くなくて
嵐山少年隊のツボ場面などを描いていたら
なぜかこんなタイトルをつけなければいけない状況に。

前の記事にイラストだけ付け足そうと思いましたが
全体がものすごく長くなってしまうので別エントリーにしました。

まずは、おそらく二度と見られないであろう貴重な嵐山少年隊の並び。
そういえば、ここで嵐くん以外の誰かを描いたのって初めてです。

にの、お誕生日おめでとう!

一日遅れてしまいました。
ごめんね、にの~。

29歳のお誕生日おめでとうございます!!

たくさんの「おめでとう」の中でどんなことを思ったのかな。
昨日の短文投稿を見て、お母様からの手紙
あの一言にいろいろな思いが詰まっていて
結局それが全てなのだと思いました。

それをきちんと伝えることのできるお母様と
それを言ってもらえる息子の“カズ”
素敵な親子ですね。

Respect 嵐 | Comments(2) | Trackbacks(-)

a suspect@鍵部屋#10

10話、つまり最終話の半分が終わってしまいました。
はぁーー、さびしい、本当にさびしいです。

残念ながら視聴率が下がってしまいましたが
2時間半SPの前編部分ということで見れば、まだ佳境に入る前・・・そんな感じなのかもしれません。
とはいえ、やはり強くひきつけられるストーリーであることは変わりません。


忘れてはいけないので最初に言っておこう(笑)
10話の芹沢氏のツボは、サルとの共演!
特に椅子に2人で並んで座ってるところなんて・・・


径さんはといえば、
エレベーターの暗証番号を解説する場面で久々に出た皆を絶句させる
大アップの口から滑り出てくる数字、数式の羅列。
「こんなの余裕です」
それが後々に・・・

(径さん余裕だろうけど、智くんは大変だったろうなあ)

「さとしくんのような気がすんなあ」

相葉くん、早朝からお疲れさまでした。
夕方、every.にシュシュと出演していたところに遭遇。
シュシュ脱走?しちゃったけど、それもご愛嬌。
思ったより元気で安心した。お顔もやつれてなかったし何より
あなたの笑顔はいつでも気持ちを明るくしてくれます。
明日の最終回楽しみにしています。

ライン・はさみ


4月以降のひみあらは見ていない方が多い気がします。
一応録画だけはするのですが、よそ様の感想を読んで
おもしろそうかなって思った時だけばーっと見るパターンになっています。

でも昨夜のは何となく『パパドル』の流れで。
私、それほどドラマは見ない方だと思うのですが・・・
今期でいえば、三毛猫と鍵部屋(配信で)と、梅ちゃんだけ。(あれ?多いのかな)
パパドルは娘たちが見ているので
自分が部屋にいれば、見るというより目に入るという感じです。
ただ、丸ちゃんが出たら呼ぶようにとは言ってありますが(*゚ー゚*)
Dear 山コンビ | Comments(4) | Trackbacks(-)

泣いても笑っても・・・

いよいよ明日が最終回ですね。
(私的には水曜日ですが)

先週のオリスタに出ていたクランクアップした智くん。
今日、公式で知ったのですが19日のことだったんですね。
すごいうれしそうな笑顔で、なぜかちょっと“ぼっちゃん”ぽかった。

スタッフブログにもあふれるばかりの満面の笑顔でその瞬間を迎えたと書かれていますが
花束を抱えた智くんは本当にそんな感じでした。
玉木さんと対峙するシーンは台本が20ページもあったのにセリフは完璧だったそうで
榎本径、見事に演じ切りましたね。
4ヶ月間、お疲れさま。
キャスト、スタッフのみなさんもお疲れさまでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。