+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

光陰矢の如し

12月。ほんと早いわ。

光陰矢の如し

...って嵐も歌ってる。


最初何度か聴いて
こーーいんやーのごぉーとしぃー (文字にすると微妙だな)
って何て言ってるかわからなくて、えーご? going...ナントカ?とか 
歌詞カードを確認して、へぇーって意外だった次第。耳よくないね、ワタシ。
Rock Tonight にことわざ。
普通に月日の流れは早い、とか英文にしちゃうよりおもしろくて歌詞に深みが出る。
楽曲そのものがノスタルジックだと思うし。



Respect 嵐 | Comments(1) | Trackbacks(-)

メェッツ!とハグ!!

今出ている MISS plus の岡田くんページを読んできた。
熟読はできないのでグラビア中心で(←買え!)

ほえ~~~っ かっこええ~

しばし見惚れる。
セクシーショットのシャツの下の二の腕のたくましさとか、サービス開襟(笑)から見える胸元とか、鍛え抜かれた体をチラ見せ。
この間、映画を観た時『永遠の0』の予告をやっていてそれだけで泣いてしまった。
図書館戦争は作品が好みではなかったので観てないけど、これは観にいこうと思う。
大河は...ましゃのでさえ脱落したワタシなのでどうなるのか?


で岡田くんといえば、大野くんと

Love 智 | Comments(2) | Trackbacks(-)

実はヒーローだった

大野くんを追うことで精一杯、個々の仕事の細かい部分や考え方をじっくり知るまでなかなか及ばない。
5人で登場する雑誌は以前のように買わなくなったけど、今回はしっかり読んでみた。

日経エンタテインメント

座談会とそれぞれのインタビュー。
嵐の2013年を総まとめ的に振り返り掘り下げている。


Love 智 | Comments(0) | Trackbacks(-)

萌え袖ニット王子

大野くんは寒い季節が苦手だろうけど、冬ならではのヲタ的楽しみもある。
ニットの季節到来。

榎本っぽいスリムなニットではなくて、ふんわりざっくりもこもこ系のやつ。
それをやっぱり榎本っぽくなく、中にワイシャツは着ないで襟ぐり深めのTシャツを。
鎖骨チラ見せで素肌に直接?って思わせるように着る。

いちだんとあったかくてやわらかいひとに感じる。
(↑ひらがなで書くとといっそう)


AneCan

表紙の人、苦手だけど買った。(いらない情報^_^;)



Love 智 | Comments(1) | Trackbacks(-)

智☆ワンダーランド

あれ?昨夜UPしたはずなのに下書きに入ったままになっていました。
改めて。


ニノと木村さんの関係性がうらやましい。
相葉くんの「多江さん」呼びもツボ。
(年下のオトコに○○(下の名前)さんって呼ばれるのっていい~)

そして

このたびは
大野智を存分に使って(浸かって)いただきましてまことにありがとうございます。
(いつも悪態ついてるから、この時とばかりにバカ丁寧)

昼間はニット王子で萌えさせておいて、夜はハードな革ジャンで攻める。
なんだよー!!もう!ジタバタジタバタ

Love 智 | Comments(1) | Trackbacks(-)

exciting!

今朝の大野くん。


スマホにしてから(ガラケーも手放せず今のところ2台持ち)さとラジ聴けるようになりました。
夏の終わり頃からね。そんなに乗り気ではなかったのに使い始めたらやっぱり便利で。
まだまだ使いこなしてるとは言えませんが、朝から大野くんの声を聴けるしあわせ。
これだけは心からよかったと思ってます。
一時期使っていた裏の手とは違って音質も普通によいし。スマホ様様です。


まあ、時々忘れたり、録音されてなかったりなんてこともありますが
そういう場合は今までどおり各方面のお世話になってます。

Love 智 | Comments(3) | Trackbacks(-)

北の大地を案じています

東京ドームは無事にコンサートが行われているのでしょうね?
ぜんっぜん情報が入ってこなくて...ははは(汗)
便りのないのはよい便り、と言いますからべっくらこくようなニュースもなく半分を終えたのだと思っています。

それよりなにより、っていうかそちらが安泰なのでということもありますが
今心配なのは北の大地です。
Johnny's | Comments(4) | Trackbacks(-)

こたつDEおじゃま

四半期に一度、株を上げるしやがれ。

元日SPで15曲メドレー!

どこの局を意識したんだろう?
...なんてひん曲がったことは考えずに素直に喜びます。ありがたいことです。

ライン・はさみ

LIFEのお正月超特大号!
全く買うつもりはなかったんだけど
しやがれにしやがれの2人を見ちゃったら置いて帰るわけにはいかない。
しかも「2013年を総括しやがれSP!」とかでいつもと違ってページ数が増加。

炬燵が似合う2人だけど
Dear 山コンビ | Comments(0) | Trackbacks(-)

コントとか6冠とかドーム&アジアツアー(not嵐)とか

今朝起きてから腰のあたりがヤバイです。
数年前、ギックリ腰だったのだろうか?あれは。って突然動けなくなったことがあって。
結局湿布をして一日寝て、這って過ごして二日目にはなんとか歩けるようになったので病院へもいかず治ったのですが、今回またそんな感じが...
座ってるとまだ大丈夫だけど立って歩くとおかしなカンジがする。
こわいよ。この暮れの時期に。


今朝起きてから頭がプチパニックです。

おっと、その前にオリコン年間ランキング6冠でしたっけ?
おめでとうございます!
普段から数字とか売上とか記録とか聞いてもあまりピンとこないというかそれほど重要視していませんが、それだけ世の中から認められてる、愛されてる、必要とされてるってことだもんね。
大野くんのドヤ顔どこかで見られるかな?
Love 智 | Comments(3) | Trackbacks(-)

ジャンボも有馬も買えねーーー

と、今朝の大野くんの話を聴いて思った。

今日のひと言より。



長い目で見れば結局運というものは平等公平なものだ 
                          by ボビー・ジョンズ (ゴルファー)

ボビーさん(って全く知らないけど)の言葉も最もだと深く頷いたが
それを受けての大野さんの語りこそワタシにとっては含蓄のある言葉だ。

Love 智 | Comments(0) | Trackbacks(-)

相思相愛(『2/嵐』においての)

2013年『2/嵐』を振り返って、それそれが選んだナンバー1

翔ちゃんは智さんとの。
智さんは翔ちゃんとの。
相思相愛♡ 
Dear 山コンビ | Comments(0) | Trackbacks(-)

永遠に魅入るよ

嵐さん表紙の雑誌で埋め尽くされる年末の雑誌コーナー。
もう、もう、これだけあると表紙だけで満足してしまう。
1、2冊パラパラっとめくってみたものの...時間がない、はい終了。
買わないまでもチェックするだけでも大変なので、むしろ諦めがつくというもの。
取材を受け撮影される嵐もたいへん。おつかれさまでした。

TV誌はスルーしたけど(スミマセン)某女優が表紙のファッション誌は買った。
Love 智 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Happy Birthday dear Masaki

相葉雅紀さん、お誕生日おめでとう☆

31歳ですね。
あなたが嵐にいてくれて本当によかった。
いつもそう思います。
健康第一、笑顔で過ごせる充実した一年になりますように。
お誕生日おめでとう!


昨夜のてっぱん部も相葉ちゃんらしくてとってもよかった。
今夜の後編も楽しみにしてるね。

(南部ダイバーさんについてはまた後ほど・・・)
Respect 嵐 | Comments(0) | Trackbacks(-)

水も滴るいいオトコが贈った言葉

☆;:*:;☆“Merry*Christmas”☆;:*:;☆


土曜日は道路も乾いてて今年は雪のないクリスマスかも!って思ってたら甘かった。
吹雪のクリスマスになりました。



---明日に架ける旅---
2日間の放送が終わりました。
何かに熱中して輝いている高校生たちを見ていると清々しい気持ちになります。
これからもこのペースでいいので途切れずに続けてほしい。

OP曲がRock Tonightだったり、キノコのところでは最新アルバムから各ソロがかかったりとなかなかやりますなあ。

トップバッターは大野さん。

Love 智 | Comments(3) | Trackbacks(-)

コワいくらいキミの言葉が好きで

MISS plus に4度めの登場。


今号をもって休刊なんですね。
毎回素敵なグラビアと愛あるテキストをありがとうございました。
特に“はみ出しコラム”にはヲタ心をくすぐるエッセンスが詰められていて読むのが楽しみでした。
誌面初登場はメンバーの中ではラスト。
それから数えて4度め。
SPドラマありきとしても、最後の最後を大野くんで締めくくるのは偶然でしょうか?

魅力的な人物を表面だけではなく内側からも絶妙な切り口で引き出して読者へ伝える。
誌面作りに携われた方たちの想いも感じられるような素晴らしいコーナーでした。

MISS plus 編集部
Love 智 | Comments(2) | Trackbacks(-)