FC2ブログ

+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ それでもやっぱり救われているのですTOPRespect 嵐 ≫ それでもやっぱり救われているのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

それでもやっぱり救われているのです

オトノハ

福島ライブでの翔ちゃんの挨拶を全文載せてくれてましたね。
本来ならライブ会場の方たちに向けての言葉であって、ワタシたちが全文知ることはできない。
でもこうして挙げてくれたのにはきっと意味があるはず。

3年前の3月19日
翔ちゃんの言う“全国に音楽を届けた日”

しやがれで
嵐からのメッセージ、そして『果てない空』(今朝のさとラジでのリクエスト曲でしたね!)
怪物くんからのメッセージ

当日は見ていなくて、少したってから録画したものを見ました。
(2011.3.24 の記事 


音楽のちから

翔ちゃんは音楽で誰かを救えるとは思ってはいないと言っているけど…

少なくてもワタシはあの時、確かに彼らの言葉と歌に救われました。
あの大変な時に歌った意義はとても大きかったと今でも思っています。
本当に彼ららしいやり方だったので、心だけじゃなくて体にもじわ~っと染み入るような感覚で。

たしかに、音楽に直接物質的に“救う”という行為はないかもしれません。
でも形はなくても目には見えなくても心に響いてくることは間違いありません。

この時だけじゃなくて
同じようなことが何度もありました。
今月に入ってからもあったばかり…

いつも救われているんだよなあ。
改めてそう感じています。

ありがとう

それを言いたかったので…って直には伝えられないけど(笑)


翔ちゃんも書いてだけど、TOKIOさんの20周年ライブ、歌だけではなくパフォーマンスも本当にかっこよくてしびれました。
大野くんがジャニーズメドレーで歌ったこともあるし、何気なく口ずさんでしまうのがTOKIOの歌という今週です。
関連記事
Respect 嵐 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。