FC2ブログ

+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ teardrop's essenceTOPLove 智 ≫ teardrop's essence

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

teardrop's essence

慰労会、見ました。


ツボがありすぎて書き切れなーい!
でもこれだけは書いておこう。


「笑ってないと僕らも泣いちゃう」

大野くんのなみだ


アロハシャツのサイズおっきくない?(笑)
水で濡れてくしゅんとなった髪の毛
小さな子どもみたいに顔をくしゃくしゃにして涙を流す
ビジュアルぐちゃぐちゃ(by翔)
隠すこともしない


そんな大野くんを見て




ただただかわいいひとだと思いました。
“キャーッ!カワイイーー!”や“かわええ~”なノリではなく、しみじみとかわいい。そう感じました。

ほんとの…本当の気持ち、心の奥の奥
そこまでは自分自身にしかわからないことだから
思いをめぐらせたり寄り添うことはできても。

辞めたいと思っていた時期だけじゃなく、ずっと不安や葛藤はあっただろうし
15年がんばってきてハワイに帰って来れたからこそ涙が堰を切っちゃったんだろうね。




いろいろなタイミングが少しずつズレて、当時の智の希望通り転職に成功していたら今頃は
イラストレーター おおのさとし
あるいは
現代アート作家 大野智
として世の中に出ていたかもしれないね。

100%大好きなアートに没頭できて、いくらでも時間をかけて作品と向き合えて発表する場がある。
もちろんそんな人生も素晴らしい。

でも結果、遠回りで形は違ってもやりたかったことをちゃんと叶えてる。
すごいこと。誰でもできるわけではない。

もし逆だったら
イラストレーターが本職だけどアイドルデビューして歌やダンスを…
ってまずないでしょう。
万が一あったとしても今の大野智とイコールじゃない。

今、ここにいる智が好き。

どこかで一瞬一ミリでも辞める隙があったなら
翔ちゃんじゃないけれどスパッと辞めていたかもしれない。
その隙がうまいタイミングで閉じられて、小さな偶然が繋がって繋がって今がある。


必然だった。
人生ってそういうものなんだなあ。

番組最後にメンバーからまた泣く流れに持ってかれそうになっていた。
そこでみんなに囲まれて笑っていてくれてよかった。心からそう思います。


ポロポロこぼれたきれいな涙
ガラス瓶に集めてとっておきたいくらい。
15年…いや20年のいろいろな思いが詰まった涙のしずくがハワイに散りばめられました。
関連記事
Love 智 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年11月09日(Sun) 17:55
Kさんへ
編集
Kさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

よかったですよね。
ワタシもこれとしやがれがよかったかな?
特番はいかがでしたか?
自分的にはいいところもありましたけど衝撃も大きく、あれ?と思う部分もあって
引っかかりがとれなくてすっきりしない感じといったらいいのでしょうか。
「スライドアップにしようよ」が思わぬ舞台裏での姿が見られて最高でしたね。
あれがあることで本当に救われてます。

呼び方フェチ(笑)なんですね。
ワタシもそうです、特に山!
メンバーそれぞれへの感じ方もそうですよね、その時々で変化していくっていうか
いっぺんに全員、または同じように好きとかはこちらも人間ですから
強制されてもできるものではないですよね。

いろいろありましたがこれでハワイの一連も終わりなんですねぇ
もうあと残ってるのは年末番組だけかなと思うとさびしいです。
2014年11月10日(Mon) 15:09












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。