FC2ブログ

+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 15年目の告白TOPRespect 嵐 ≫ 15年目の告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

15年目の告白

嵐 15年目の告白 LIVE&DOCUMENT

なかなか濃い内容でした。
何から書けばいいやら…
思いついたまま順序バラバラになるかと思いますが悪しからず。
長いよ~(^-^;



語りが大野くんだとは!
事前情報ありました?
ナレーションは有働アナと聞いてましたけど、別に語りがあるなんて知らなかったなあ。




実際の日記は公開されずにほっ。
チラリと覗いてみたい気もしたけれど、やっぱり秘密にしておきたいことだって書いてるだろうしね。
顔真ん前に広げて「見たらダメ」とガードが固かった。
誰かに見せる設定で書いてないからこそ本音が綴られているのでしょうね。
そのかわり番組用のハワイ日記ではきれいな直筆を見せてくれて、番組終わりのテロップにも使われていたのが印象的でした。


そしていろいろ衝撃が走りましたが

まず一発目、メンバーに対して疑問があるって何だ?何だ?って思ったら
「コンサートの演出やりたいと思わないですか?」
一瞬の間があっての「えーっ?」「そういうこと聞く?」と一斉にリアクション

誰もやりたいとは言わなかったね…やりたくないのかな?
翔ちゃんは「高いクオリティーに到達しなきゃいけない責任においてはちょっとできないのが本音」だと。
そして例の、にのあい作のたたき台を並び替えのはずが総入れ替えになった話
(好きだけど)地味な曲…て そんな位置づけしちゃうのかぁ…唖然
言い方には気を付けようですよ、本当に。

翔ちゃんが言うクオリティーの高さって今現在を基準にしてるんだろうけど。所詮Jだってプロの演出家ではないしステージに立つ側でもあるのだから。
照明や立ち位置どうこうって細かいことの指示は出してるみたいだけど全演出責任を背負ってるわけではないでしょう。もちろん。
ああやって客席側から指示飛ばしてるよりも一緒にステージでリハする回数を増やした方がよりクオリティーが高くなるのではと思うんだけど。
もうやらずにはいられないんだろうね。

自分はクオリティー云々よりも、件の幻のセトリでとか、メンバーでも外部の方でも他の誰かが演出したりとかバラエティーに富んだライブを観てみたいと思ってます。
スケジュール的にきついこともあるでしょうけど…



大野くんが「仲がいいと言われてきたけど、気まずい空気なかった?」と切り出す。
お、お、お!それね!
ここも「…んー」とあれやこれやあるけど言うかどうしようか…がぐるぐるしてたのかわかりませんが即答出ず
また口火を切って翔ちゃんが「シチュエーションではあった」 (さすが言い方がうまいと思った)
そこから大野くんが打ち明けた話が最近の一例(ほんの一例じゃないかって思ってる、ワタシは)
でもこの状況で謝らなきゃいけないことって、演出担当に言われた通りやらなかったことに対して?
着替えか移動だか事情はあったにしても、またその場の物言いや状況もわからないけど
大野くんがフルでやるのはもたないというのは、クオリティーを下げたくないというのもあったんじゃないかと思う。
自分の我儘を通して申し訳なかった…みたいなことになってるんですよね。
思い通りにならずすげぇむかついた(--;)かもしれないけど(それも?)ツラーっていなくなっちゃうってガキかっ?と突っ込んでみた。
これが若い頃ではなく全員30代になった昨年の話。いやいやいやたいへんですな。



相葉くんは2002年に病気になった時、もう嵐に戻れないかもしれないと思ったと打ち明ける。
退院してハワイには間に合ったけれどステージには上がることはできなくて
どんな気持ちで見ていたのか想像すると切ない、つらいですね。
忘れ物を取り戻せた意味のあるハワイライブだったと言っていたのを聞いてよかったと心から思いました。
それにしてもこれだけって短すぎるでしょ!


翔ちゃんの時は大野語りで
自分はリーダーらしいことは何もしていません。
陰のリーダーは翔くんだと思っています。と

そう思うところもあるけど、
大野くんにはリーダーらしいところたくさんやってるし見せてもらってるよ!

着ているTシャツを映してもらって挨拶して現場スタッフの士気を上げるいつでもどこでも気配りのできる人。
自然に英語を話すのもやっぱりかっこいい!

そんな翔ちゃんは「もつかな」って感じだったと。
だから夢みたいなところまでこれると思っていなかった。
小さいことでこぼれ落ちちゃうから20周年、25周年もこうやって馬鹿笑いできるようにするのが目標だと語ってくれました。



ニノがライブ本番で腰を痛めた時
裏で支えられるように座っていたニノを見て大宮担・次女が泣きそうになっていました。
ここでの短いやりとり、大野くんのひと言にしびれました。
「大丈夫、大丈夫」って言ってたニノに「スライドにしようよ」と
「いい?」 と言ったニノにうんうんとうなずいてさっと持ち場へ戻る。
この非常時の思いやりと決断力!
あなたはやっぱり嵐のリーダーだよ。
ジャンプだろうがスライドだろうが大勢に影響ある?とド素人は思ったけどね。
あそこに拘りがあったみたいだから「やめる?」「…でいいよ」って相手に決めさせる声掛けになったんだろうけどさ。
プロフェッショナルな考えには心打たれました。
本番でスライドアップで登場した時のニノを見て泣いた…今思い出しても泣ける。

そこから、ずっとニノの仕事の根底になっている、大野くんが発した言葉のことへつながって。
時は’02年or’03年
場所は蕎麦屋
今の状況を打破するには…で下剋上起こすしかないという話になって(すごいな)
仕事や生活をゼロにしてという意見もあったという。
その時、それまで何にも発言しなかった大野くんが「嫌だ」と言った。

本人は自らが発したカッコイイ言葉を覚えてなくて周りが
「今あることを頑張ればゆくゆくそうなるんじゃないか」
「今目の前にあることを頑張れないい奴が何を頑張れるんだ」
そんな内容の話をしたと
この時の大野くん、すごい強かったって。
そうだよね。大野くんは強いひとだ。と思う。

ニノはそれ以降「今あるものをちゃんとやろう」って思うようになったと言ってましたね。
そこからGUTS!のライブ映像に
今アルバムでまだまだGUTS!にはまり中なので余計にじーーんとしました。


大野くん
嵐にいることにすごく悩んで葛藤していた時期があった。
2006年頃から正直辞めようと思った。
この仕事をしていたらできないことに興味を持ち始めて、単純に自由になりたかったというのが理由。
そしてこの気持ちのまま一緒にいれないと思った。という告白にはぶったまげた!
ほんと今だから言えること
当時は端から見てどうだったんでしょうか?
そんな風に匂わせてた発言はあったのかな。
まあ見せないだろうけど。

ここ会話載せたいので色分けしますが
「マジかすげぇなそれ」 とつぶやきながら
「いつ頃からその気持ちが落ち着くの?」
「10周年を迎えて尋常じゃないくらい祝ってもらって我に返った」
「2006年の段階であなたが抜けちゃったら今の感じもないでしょ」
「衝撃的…」 (って言ってたような?うろ覚えです)
「初めてしゃべったよ」

この告白中、ニノはずっと黙っていたけどひょっとしてちらっとでも知ってたのかな?

ハワイもライビュも留守番組にはやっと大野くんの涙の挨拶が解禁。
泣ける。これを見てしまったらリアルタイムで一緒に泣きたかった……とまた泣けました。


知ってることも知らなかったことも、改めて受け止め考えることができた気がします。これからもことあるごとに思い出すでしょうし。
そういうきっかけになった番組でした。

今回、大野くんが語り役だったり、日記の存在がキーワードになってたりでしたのでそこは満足してるのですが…
ライブドキュメントというタイトル、時間的な理由もあるでしょうけど、メンバーによって時間が短かく内容が物足りなく感じた部分があったので、もっと一人ずつ偏りなく掘り下げて作ってほしかったです。

関連記事
Respect 嵐 | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年11月09日(Sun) 02:52
承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年11月10日(Mon) 12:57
Tさんへ
編集
Tさん、こんにちは。
お返事がおそくなってごめんなさい。

なんだかもう一部胡散臭くさえ感じてしまって。
やけに尺に拘る人もここ数日足跡を残してますし
ワタシは記事にも書いたとおり、もっと聴きたいとは思いましたが
誰それより短い、不公平だ、誰のせいだとは言ってないけど
どこかでは大野担はみんなそう批判していたということらしいですね。
謝れ!だそうです。全くはぁ?な話ですが
何にせよワタシもあの発言が唐突すぎて裏があるんじゃないかと…
大野くんがわざわざああいうことを切り出したことが不思議です。

辞めたい発言への反応は、ワタシはニノだけかと感じたのですが
翔ちゃんは本当に知らなかったように見えました。
「スライドにしよう」はさすがでしたね!
ああいう場面はカットされなくて本当によかったです。
釈然としないものがある---そう、そうなんですよね。
何かが引っかかってる気がします。
2014年11月10日(Mon) 14:58
Nさんへ
編集
Nさん、はじめまして。
コメント残してくださってありがとうございました。
よかったらまた覗いてくださいね。
2014年11月10日(Mon) 15:10
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年11月10日(Mon) 16:53
Kさんへ
編集
Kさん、こんばんは。
感想コメントありがとうございます。

ツボどころはやはりいっしょですね!
賛否両論ありますが、ワタシは後半部分が特によかったです。
ただ編集して放送時間におさめていますので、どうしても見られない部分も出てきて
いっそのこと一人ずつ枠もらえないかしらと、そしたら見応えあるのにと思いました。
ワタシはニノがらみで言いますともちろん大宮も好きですが、一番はにのあいです^^
幻のセットリストのことは聞いていましたが、どんな構成だったのか
番組を見てますます興味深くなりました。
ソロ尺でのやりとりやセトリの件はKさんに同意します!

いろいろご心配ありがとうございます。
すみません…なんだか楽しくない記事が続いて
読んでくださってる方にとっても気分がよくないですよね…
まあ、他人ん家を荒らすことなどなんとも思わないのでしょうね。
その方もたいへんですね。他人事とは思えません、ご察しします。
2014年11月11日(Tue) 21:58












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。