+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPLove 智 ≫ 大野さんの足跡を訪ねて~原美術館

大野さんの足跡を訪ねて~原美術館

NEWS ZERO スピンオフ の3人の対談
(…っていつの話?)
こっちでは放送されないだろうなと思っていましたがわりとすぐにやってくれました!


さて
日にちが開きすぎて記憶もあやしくなってきましたが
フリスタを鑑賞後、原美術館へ案内していただきました。
2年前に雑誌取材で大野くんが訪れてますし、CasaBrutusの美術館特集でも必ず名前が挙がるこの美術館
ぜひ訪れてみたい場所でした。






しかし猛暑にビビり計画時点で諦めかけたのですが、お友達のオススメもあって行こうと決めました。
一人だったら行ってなかったです…

ちょうど水曜日で開館時間延長に当たっていたのもラッキーでした。
誘って下さったお友達に感謝です!


閑静な住宅街の中にありぼーっと歩いていたら見逃しそうですし
前に立っても「ここが美術館?」と一瞬戸惑うような不思議な雰囲気でした。
開催中の企画展は私たちの理解のはるか向こうで感想の述べようもないのですが
今なぜか頭の中には残っているという…芸術はわからん(笑)

大野くんがここに立っていたなあ
とか
人間一人しか入れないようなこんな狭い場所なのにどうやって撮影したんだろう?
とか

ミーハーな鑑賞スタイルはいつものことですね

常設の奈良部屋が一番滞在時間が長かったのは言うまでもなく
「やっぱりここが落ち着くよね」と意見が一致しました。
大野くんは特別にこのMY DRAWING ROOM内に入って撮られてましたが、もちろん一般人はNG
よ~く見ようと顔を前に突き出したら頭上からキカイに注意されました(汗)

中庭に面したカフェ ダールへ
真夏の夕暮れどき
大きなガラス張りの窓から緑豊かな庭と
大野くんが座ったと思われる席を眺めながらお茶しておしゃべりに興じる時間は最高でした。
帰ってから掲載誌を確認したら、智席だと思っていたところは2つほどずれていました…あれ?^_^;

そのうち日も暮れて薄暗くなってきました

考えてみれば
大野アートと奈良アートを続けて観るという貴重な経験をしたんですねぇ。
素敵な思い出がまた一つ増えました。



20150805_001443.jpg












関連記事
Love 智 | Comments(1) | Trackbacks(-)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年08月29日(Sat) 20:16












非公開コメントにする