+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP鍵のかかった部屋 ≫ 脚本家が語る大野さんPart2

脚本家が語る大野さんPart2

ASIAN POPS MAGAZINE 100号
鍵のかかった部屋・脚本家・相沢友子が語る「謎めいた榎本径&大野智 Part2」
前回はドラマ放送中、脚本家と監督のお二方へのインタビュー。
今号は最終回後、脚本家へのインタビューです。

なぜ今ごろ?いよいよ続編?---と一瞬色めきたったのですが
BD&DVD発売に合わせたようですね。
まだまだ先だと思っていたのに来週発売なんでしたね。
うぉーー、来週後半は榎本どっぷりかなあ。

以下、アジポップ内容含みます。

撮り下ろしの写真ではなくドラマ映像のものなので
新・榎本径には残念ながら会えませんが

いや~お久しぶりです!径さん。
この髪型やっぱり好き。だけどそんなにうっとおしいですか?
オールアップの日「夜中でも髪を切りに行きたい」と言うのを
最終回前に生番宣があるからとスタッフに慌てて止められてたって・・・
そうだったよねぇ。髪切りたくてしかたなかった。
我慢の限界で番宣翌日の24時間会見では見事にカリアゲで変身でしたものね。
あれはちょっとさびしかった。


以下、内容で印象深かった部分です。

<↑の断髪の話より>

あれだけの仕事量だと気持ちを切り替える必要があるんでしょう。
常に自分のペースで切り替えながらこれまでも乗り越えてきたのでしょうね。


こっちの髪好きなのに・・・とか、変わり身の速さがさびしいなんて発言ばかりして
なんて自己ちゅーなの、私。
ごめんね、あの時はまだそこまで気持ちが及ばなかった。
クランクアップ→生番宣→最終回放送→24時間会見
あちらとこちらにタイムラグがあるから、クランクアップから最終回終了まで
一刻も早く刈り上げたい欲求と闘いながら、徐々に気持ちを切り替えていったのかもしれないですね。
しかも私は配信視聴で水曜日に見ていて、生放送で刈り上げ見た後にまた径さんを見るという
世の中とは逆行しちゃってたからよりややこしい感情に。



<長台詞>
榎本の場合は感情の流れで覚えられないような“情報の羅列で数式を暗記するようなもの”なので、あの短時間であのクオリティをクリアできたのはすごいですよね、相当大変だったと思います。

クランクアップの日に「今日最後ですね」と声をかけたら、すっごい嬉しそうな顏をして「はい!」って満面の笑みでした。その時初めてこんなに明るい人だったんだ・・・子どもっぽい大野さんをを見たというか・・・でも本番になると2人の対決シーンだったので、ガラリと顔つきも変わって役者さんだなと、感心しながら見てました。


役者・・・役者大野智に会いたいです。
春クールに会ったばかりなのに贅沢じゃないか、DVDでも録画したドラマでも会えるのに・・・・・・
確かにそうなんですけれど。
もっともっと見たいのです。新しい役に挑んでいく彼を。
毎回大きなものを心に残していくけれど、次はいったい何を突きつけてくるのかコワイけれど楽しみでしょうがないんです。


<脚本を全て書き終えてからゆっくり話をする機会がありその時に>
「榎本が時折見せる可愛らしさみたいな部分は、ご本人と共通しているんだなあ」と思ったそうです。

これ、てっきり逆だと思っていました。
そういう“可愛らしい”部分をご存じの上での“当てガキ”だとばかり思っていました。
しかし、相沢さんの前でどんな可愛らしいとこ出ちゃったのでしょうね?


「たとえ向こう側に行けないとしても自由でいたいんです」
この榎本が人間らしい感情を見せたセリフは
「最終的には榎本の話にしたかったので・・・」ということです。

径さんは“向こう側ではない場所で”自由を実感していたのでしょうか?
印象的な言葉だったけれど、私にはぼんやりした正体不明なものとして
ぽんと投げ込まれたまま今も残っています。

この前「自由」について書きましたが、やっぱり自由は自分の中にあるものなのですね。
周りの人間が決めることではない。
自分自身の心の中にあってそこには誰にも踏み込めない。
気持ちの持ち方一つで変わってくるものなのかもしれません。


最終回を1時間半SPにしたのは途中で「これだけ反響があるのだからやろうよ」と浮上したからだそうで
時間がない中セットや模型やスケジュール調整で現場は大変だったそうです。
エンディングの榎本の謎の行動については賛否両論があり、相沢さんはラストを空港にすることは前から決めていて、監督の“榎本のニヤリという顏で終わりたい”という意向を酌んであのラストにしたとか。

確かにあの「ニヤリ」は大きな大きな波紋を残しましたよ。
見事に監督の思惑(?)にはまってしまいました。
一番気になる続編については何も語られていませんが
やはり要望は多いと、しかも榎本の実体は明かさないでほしいという意見が多いそうです。
明かさない限り、シリーズものができそうですが
原作のストックがないと始まらない話ですよね。

だけどそのためには智くんがまたヘアスタイルのうっとおしさと闘わなければいけないのね。


img046_20121004094755.jpg


径さん、ひさびさだなぁ!


Tomoko Aizawa diary



ドットライン・


ご訪問ありがとうございます。
拍手コメントへのお返事はこちらのコメント欄で書いています。
*お名前のないコメントや、ひと言コメントにつきましては
 この場からで申し訳ありませんが、ありがとうございます。
関連記事

Comment

榎本さ~ん♪
編集
私も、本買ったよぉ♪

ついつい、智君の良い事書いてあると買ってしまうf(^_^;

で、鍵部屋の最終回を観てる(^w^)来週には、DVD来るのに♪

リカコちゃんの榎本さんイラスト、可愛い(//∇//)
2012年10月04日(Thu) 19:47
ぐーママさんへ
編集
ぐーちゃん、こんお~の☆
コメントいつもありがとう!

そうだね、智くんが出てると買っちゃうね~
これでも以前よりは我慢できるようにはなったんだけどね。

メガネかけてる径さんって意外と描きやすいの。
いっぱい描いたからかもしれないけど。

2012年10月06日(Sat) 00:42
拍手コメCさんへ
編集
Cさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!

どちらも次へつながりそうですものね。シリーズものもそうですが、新しいものも見たい・・・と欲望は膨らむばかりです。
2012年10月06日(Sat) 00:57












非公開コメントにする