+essence 

>>明けても暮れても大野智な日々<<
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP鍵のかかった部屋 ≫ 鍵部屋DVD特典映像

鍵部屋DVD特典映像

DSC09375.jpg


こんなに立派になっちゃって。
あなたの4ヶ月間の集大成。
頑張った汗と、涙・・はないかもしれないけれど出し切った全てが詰まってる。

ドラマDVDって、録画してるからわざわざ高いお金出して買うこともないと思ってた。
今でも思ってるところがあります。
でもね、買っちゃうんだよね。
ほんのわずかでも自分が知らない彼が見られるんじゃないかって。
ってほぼ特典映像目当て。
まあまあ、老後の楽しみにとっときましょ。

映画だと鑑賞料を払うけれどTVドラマだからタダで観られるわけで(某局以外は)
だからここで後払いしてる感覚もあります。
見せていただいてありがとう。ってね。
あ、ちょっと待って!私はフジさんに配信料払って見てたんだ。
そして今もズルズル月会費引き落とされてます。
鍵部屋以降ポイント貯まる一方なんだけど特に見たいものもなくて・・・辞めると失効するので
“またいつの日か”のためにそのままにしてるけれど。

って、こんな下世話なこと書くつもり全くなかったんだです。
お金の話をすると卑しくなっちゃうし夢もなくなりそう。ごめんなさい。

以下、感想というより見たこと思ったことのメモ書きみたいになってます。

【メイキング&クランクアップ】

メガネをはずしてチェーンを首へかけてソファに肩肘ついてつい寝そべりそうになったり
ちょっとお行儀悪くインタビューを受ける径、いや智くん。

カーギーを両手でやさしく持って、いや抱っこというべきか
飼育箱に戻し「んふふふ♪」って。
あの子愛嬌ある。爬虫類で初めてカワイイかもって思った。
ミルキーカラーの体がそれっぽくないからかな。
相変わらずとーちゃんが育ててらっしゃるのかしら?
智くんはたまに会いにいけてるのかな?

スタジオの通路でドアの縁にゴルフクラブでボールを当てるという対決で浩市さんに負ける。
その後なぜかゴルフクラブでリフティングを決める智くんがかわいくてぎゅってしたい。

最初にオールアップしたのはその浩市さん。
「30年以上のキャリアがありますが新しいドラマの作り方を教えてもらった気がします」


地下での玉木さんとのシーンの合間のインタビューで、今の気持ちを聞かれて
「うれしいけれど、みんないい人だったからさみしい、みんな一緒に終われないのがさみしい」
10話の榎本シーンは僅か2日間で撮って、30分拡大の最終話は3日間で撮ったそうで
すごいスケジュールだと、でもスタッフさんはもっとすごくて寝てないんですよ。と気遣ってました。

そして榎本オールアップ、花束贈呈、最後の挨拶。
「おつかれした」「おさきでぇ~す」「どぅも、かえりまぁす」と満面の笑みで消える智くん。
心からうれしそうで、やっと肩の荷を下した気分だったんでしょうね。

最後にオールアップした戸田さんも「現場にいることが楽しかった」と
とても真面目に感謝の言葉を述べていました。



【チーム榎本の緊急座談会】 
 
「シリアスな撮影でも現場はふわっとしている」というのが3人の共通の感想。

智くんは3話までは自分でけっこうちゃんとできるんだと思っていたけれど 
4話以降はわけがわかんなくなり「やっぱりできないんじゃん」となったそうです。

★共演者のベストシーン
大野さん「7話で芹沢が土下座されたシーンでの顏」
佐藤さん「5話で走る純子のフォームがきれいだった」
戸田さん「7話予告、榎本部屋での芹沢のカニ踊り、予告では使われたのに本編ではなかった」

★共演者の裏話・エピソード
佐藤さん「智の台詞の量が半端じゃない。主役のプレッシャーに耐えながら彼はやってたわけですよ。
5話、6,7と残りの話数をぶつぶつカウントしていました」

智くん「台詞をせっかく覚えても忘れなきゃいけないんだ。また次も・・・それをあと一ヶ月ちょっとで撮るのか。無理だなって思った」

戸田さん カーギーを飼ったいきさつを上げていました。
名付け親の智くん、最初は「トカゲでいいんじゃない」と言ってたって
君の父上といっしょじゃないか!

ゲストでは、高嶋さんが前に一緒にドラマした時(もう誘拐・・ですね)と全然違ってたことと
哀川翔さんからは、グッズ(自分の写真入り水や名前入り栄養ドリンク)をいろいろもらったそうで
釣りも好きでネーム入りルアーまで持っているとか。

★共演者の印象
智くん→戸田さん  さっぱりした人なんだろうなと思っていたらそのとおりだった。
智くん→佐藤さん  (パパ呼び)とっつきづらいんだろうなと思っていた。
戸田さん→智くん  ナチュラルでリラックスしていられる人。
戸田さん→佐藤さん フランクで気さくな方
佐藤さん→智くん  
クールな人間なのかな?その部分もあるけれどマニアだよね。何かやりたいと思うと追求していくタイプ。



【感謝イベント】

智くんが台詞を覚える時、相手役の台詞を録音してそこに自分の台詞を合わせるというのは
何かで読んだけれど、それを物真似でやってるところをリクエストされて台本を渡されます。
やる前に「真剣にやって(録音)ますから」って。
この場面、もう大好き!
前半は戸田さんだってわかりましたが、後半の台詞は?
ってMCがわざとらしく振るけれど、佐藤さんに決まってんじゃん!

哀川さんのマネまで披露して、佐藤さんから「決して効率のよいやり方じゃない」とダメだし。

このイベントってTV誌でしか見たことなくて、映像は初めて見たのですが
もちろん登場前の紹介の時から、登場後も何をしても何を言ってもキャーって声援を浴びてそこに立つあなたはアイドルなんだね。榎本の姿してるけれど大野智なんだ。
通路を歩く彼に手を伸ばせば触れられるくらいの空間にいられること。
怪物くんの時もそうだったけれど、こういう場面がとてつもなく遠くて一番さびしくなります。


私は制作発表、番宣・スポットは見ていないのでそこも楽しめましたが
普通にご覧になっていたみなさんにとっては目新しい映像はあったのでしょうか?
さて、本編はもう懐かしい!って感じるまでもう少し置いておこうかな。

笑っている榎本径がたくさん。
ゲストも含め共演者の、現場がずっといい雰囲気だったというのが改めてよーくわかりました。

おつかれさまでした。どうもありがとう!



ドットライン・


ご訪問ありがとうございます。
拍手コメントへのお返事はこちらのコメント欄で書いています。
*お名前のないコメントや、ひと言コメントにつきましては
 この場からで申し訳ありませんが、ありがとうございます。
関連記事

Comment













非公開コメントにする